CRM50

まるで85㏄クラスのモトクロスバイクのような車体回りの充実度が魅力のCRM50。7.2馬力を生み出すピストンリードバルブの2サイクルエンジンと組み合わせた6速ミッション、さらには80㎏を切る乾燥重量を駆使して走れば、街の中を風のように飛び回ることができる。前後に与えられた長いストロークを持つサスペンションは、270mmのホイールストロークを持ち、オフロードをガンガン走っても不足はないが、その分シート高はやや高めになる。

レッドバロンでのCRM50の買取価格は?

あなたのCRM50のレッドバロンでの買取価格、目安としては、店舗での中古車販売価格の1/3~2/3程度です。(参考)CRM50中古車平均価格:16万円

その他、一括査定やバイク王などのホームページで手軽に判る、現車確認なしの見積による最高買取価格(最高査定額)もある程度の目安となります。こちらの場合も実際の買取額は最高買取価格(最高査定額)のおおよそ1/3~2/3程度となります。
(参考:多数の買取業者の買取価格が分る「一括査定サイト」

正確な買取価格(査定額)については、あなたのCRM50を実際に店舗に持込みスタッフに細かく査定してもらう必要があります。

これは同じ車種であっても、現在のCRM50の状態によって、販売できるレベルまで修復する費用が異なったり、販売時の価格が異なるためです。

CRM50の買取価格(査定額)をアップさせるポイント

その1:こっそり、ライバルを用意する
あらかじめ他の買取業者やバイクショップで買取価格(査定額)を見積してもらうことで、レッドバロンで示された買取価格(査定額)が安かった場合でも、鵜呑みにすることなく、買取価格(査定額)アップを交渉することが出来ます。ただし、他の買取業者やバイクショップでの見積結果や見積してもらった事実についても、最初の段階では秘密にしましょう。結果として、より高い買取価格(査定額)につながります。

その2:「大手買取業者よりも3万円高く買取り」キャンペーン
レッドバロンでは、大手買取業者(つまりはバイク王)に対抗策として、大手買取業者よりも3万円高く買い取りますというキャンペーンを行っています。これを利用すると、あらかじめ他の買取業者にあなたのCRM50の買取価格(査定額)を見積してもらうことで、レッドバロンでは最低でもそれより3万円は高く買い取ってもらえるのです。

なかなか答えてくれない買取価格

レッドバロンへCRM50を持込み買取価格の査定をお願いしたものの、お店のスタッフが買取価格(査定額)をなかなか回答してくれない場合があります。これは、あなたがCRM50を本当に手放すつもりがあるのか?レッドバロンへ売るつもりがあるのか?が不確かなだからです。

あなたが本当にレッドバロンの買取でCRM50を手放すつもりがあるのならば、その点をしっかり伝えましょう。あらかじめ見積もってもらった他業者の査定額より高ければ売るつもりの場合にも、ハッキリそのことを伝えれば誠意的に対応してもらえます。

CRM50の基本データ

メーカー ホンダ
モデル名 CRM50
定価 277000円
排気量 49(cc)
サイズ 1880×765×1100(mm)
定地走行燃費 55.2km / L (30 km/h走行時)
発売開始 1997/02/12
中古車価格(平均) 16(万円)

 

コメントは受け付けていません。